司会屋 丹澤 寛 ブログ!

『あなたの大切な「想い」を代弁します!』 司会屋 丹澤 寛です

声を観察する『声を観る瞑想』のすすめ🎶

あなたの大切な『想い』を代弁します!司会屋 丹澤寛です

前回は「今の自分の声は『固い声なのか?』それとも『柔らかい声なのか?』 声は心のバロメーター」と書きましたが、今回は日常的にその『声を観察する』事を詳しく描こうと思います!

そして今注目を集めているマインドフルネスにて「歩く瞑想」や「食べる瞑想」がありますが、この『声を観察する』事を『声を観る瞑想』と名付けてみました!!


前にも書きましたが、まずは自分の『声を観察してみいる』

音色や響きはどう? 自分に取って心地良い or 少し苦しい? 

そして更に、もっと感覚を拾っていく!

自分の声は 固い or 柔らかい?、重い or 軽い?、湿ってる or 乾いている?、色を感じてみると何色? 

等々を客観的に観てみる


次に、身体を観察しながら身体全体を柔らかく〜緩めて〜緩めて〜緩ませていきます

首、肩、口、舌、あご、頭、胸、身体の外側、そして内臓や脳みそと言った身体の内側も緩めていきます

緩めてそして身体の各カ所をセンサーを拡げる様に開いていきます


そうやって身体を観察しながら全身を緩めて開いていくと『気が整う』感覚が段々とおとづれると思います

声も音ならば「音連れる」ですね!

( 余談になりますが、神社での「神様のおとづれ」も鈴がなる事での「音連れ」が語源だと聞いた事があります )


すると思考もいつしかピュアにクリアーになります 。「いつしか」がポイントですね!

つい先ほどまで何か深刻になり、思考のサイクルに陥っていたのを鳥の目で自分をみた様に客観的になると思います


『声を観る瞑想』はその『声を観察する』→『身体を観察して緩めるて開く』→『段々と気が整う』→『いつしか思考がピュアにクリアーになっている』→更にまた『声を観察する』。。。。のサイクルを廻すのです

f:id:tanzawamc:20170714090124p:plain

更に、声を観察しながら身体も観察していると身体は平面ではなくて、厚み奥行きがあり立体だと思い出されてきます。普段意識していない背後の感覚も出てくるようになる

それと同時に身体の内部の拡がりも感じてきます。よく「身体は宇宙だ!」と言われますが、こう言う感覚なのかな〜と


そして何しろ何しろこの『声を観る瞑想』は、ふとして時に気軽にできます🎶

わざわざ時間を取って座って目を閉じなくても、歩きながらでも、家事をしながらでも、鼻歌風にも

少し声を出した方がやり易いので、街を歩いている時に廻りに人がいなくなったら「あーーー」と少し声を出しながら

慣れてきたら声は出さずにでも、自分の声が身体のどこに響いているかな〜と感じながらね

顔の表情は鏡を見ないとチェックできませんが、声はいつでもチェックできますからね


声を観る事で、身体・気が整う!『声を観る瞑想』お勧めですよ🎶

皆さん、今日も『心地良い声』でお過ごし下さ〜い🎶

前回の記事も合わせてご覧頂くとうれしいです(^^

司会屋 丹澤 寛

【 身体に響いた声 = 解放の心地良さ🎶】

あなたの大切な『想い』を代弁します!司会屋 丹澤寛です

楠瀬誠志郎先生 主宰のボイトレ『Breavo-para』に通っていて事をお伝えしていますが、その『身体に響いた声』はとても心地良いのです🎶


何しろこの『身体に響いた声』を出すには身体を緩めて〜緩めて〜緩ませる!

それと同時に「胸の口」と言う言い方をするのだけど「胸を開く・拡げる」更に「喉も開く・拡げる」

そして私の感覚だと「顔も頭も開き」「背中も開き」「全身と全身のあらゆる各ヶ所を開く」感覚!

言い換えると身体のあらゆるセンサーを拡げた様な感覚かな〜

そうする事で〜益々身体に響いた声になる!


そして、そこでの感覚はまさに『身体に響いた声🎶』=『解放・開放感!!!!』

だから何より何より〜ホント心地良いのです(^^

f:id:tanzawamc:20170707153103j:plain

特に現代は閉塞感が強いですよね。会社組織ではコンプライアンスや ISOでのドキュメント。社会全体でも締め付けが強まっていて、閉塞感は増すばかり。それに加えて、昔はあっただろう解放・発散する場がなくなり、一人一人を取っても個を出さずに過ごせざるを得ない。。。。


そんなそんな時代だからこそ身体を緩めることでの『身体に響いた声』はお勧め🎶

そしてこの開いた感覚でのコミュニケーションが、大切ですよね


また「声を出す」事は内面に何か抱えていた事を吐露する、吐き出す事に通じますよね

むやみに吐き出すのは自分にも周りにもよくないですが、吐き出す事によって区切りが付き次に進める事もあります

その時に普通に固い声で出すのも良いのですが、全身を緩めてからの「身体に響いた声」で吐き出すと、その声に出そうとしていた物が少し変容して吐き出しやすくなると感じます

身体の硬さが柔らかくなるに連れて、ネガティブな固い物が少しづつ柔らかい物に変わる〜


身体が固まると声が出ない事のわかり易い例は、とっさに身に危険が襲ってきた時に声が出ない時の状況ですね

そこまでいかなくても、プレッシャーや緊張状態だとやはり声は出しづらいですよね


そう考えると「声を出す」事は、人間にとって大事であり、心のバロメーターでもあります

今の自分の声は「固い声なのか?」それとも「柔らかい声なのか?」

今これをお読みになって「声が固いな、、、」と思った方!身体を緩めて〜緩めて〜『身体に響いた声』で話してみましょう!それは『心・身体の解放』に繋がり、何しろ『心地良く』なりますから!

f:id:tanzawamc:20170707153203j:plain

さあ〜て、私も身体を緩めて〜『身体に響いた心地良い声』を精進しようっと!

皆さん、今日も『心地良い声』でお過ごし下さ〜い🎶

前回の記事も合わせてご覧頂くとうれしいです(^^

司会屋 丹澤 寛

 

 

 

心地良い『響きの声』のコミュニケーション🎶

前回「相手に伝わるのは『言葉の意味』より『響き🎶』」と題して書きましたが、今回は『声』でのコミュニケーションの私のちょっとして体験を書きたいと思います


先日、スーツを買いに行った時の話です

ショップの店員さんの対応があまり芳しくなく、何かだらだらしているというかお客である私の方を見ないでの対応で、私の購買意欲が削がれる接客でした

なのでその日は何も買わずに帰ろうか〜と思ってました


しかし、ちょっと思い直して自分だけでも『身体に響いた心地良い声で居てみよう!』と思ったのです。店員さんはだらだらしていますが私だけでも『心地良い声』で対応して見ました。「まぁ〜途中で本当に嫌になったら切り上げて帰れば良いし」と思ってですね


私自身の身体を緩ませて〜緩ませて、そして「気」を整えてスーッと立って〜〜次の様な言葉も気取るわけではなくて「身体に響かせた心地良い声」で対応しました🎶

「他のジャケットを見て良いですか?」「この色良いですね〜」

「パンツの裾上げ寸法はこれでOKなのでよろしくお願いします!」

裾上げの直しに数日かかる事を聞かれても「はい、大丈夫です!お願いします!」と


すると最後の会計の時ですね、あのだらだらしている様に見えた店員さんが姿勢もスーッと伸び、明るい柔らかい優しい声で「ありがとうございました」と対応してくれたのです!

私は「えっ、この店員さんこんな声で話せるんだ!」と思うくらいその店員さんもどこか『身体に響いた声』を出してました。少しびっくりしましたが、まるで自分自身の声が伝染した様にですね🎶

そしてその対応なら「また来たいな〜」と思い、最後はとてもとても気持ち良くお店を後にしました!!


よく「他人を変えようとしても変えられない!」と言われますが、自分自身がどうあるかの波動がまさしく伝わるのだな〜と感じた体験でした

やはり「Doing」より「Being」なのですね


そしてそして『身体に響いた心地良い声』で居ると、相手がどうのこうのより何より『自分自身が気持ち良く』居られますよね〜それが一番ですね!(自戒も込めて(^^;)

この頃自分自身の『声を観察』していると、自分の感情とか色々気付きがあって面白いです


さあ〜て、身体緩めて〜『身体に響いた心地良い声』を精進しようっと!

皆さん、今日も『心地良い声』でお過ごし下さ〜い🎶

前回の記事も合わせてご覧頂くとうれしいです(^^

tanzawamc.hatenablog.com

 

相手に伝わるのは『言葉の意味』より『響き🎶』

前回は「声からのアプローチ〜独り言も『心地良い声』で🎶」と題して「自分の声を観察してみよう!」との内容を書きましたが、今回は「相手に何が伝わるか?」を書きたいと思います

 

セミナーや講演会に出席して「これが大事です!覚えて下さい!!」って言われても、聞いてる方は「大事なのはわかるけど・・・」と思い、それより「押し売り感」の「圧」を感じてしまう事ってありますよね

 

その反対に「言葉の意味」より先に「心地良い声の響き」を感じて、言葉が身体にスーッと入ってくる。言葉の意味を思考で理解するより、身体が受け付けてその感情や雰囲気に「なんとなく伝えたい事わかる!」の感覚を覚える事もありますよね


これら二つを「口での言葉」と「身体の響きの言葉」と分けて見て観る事とします

 

「口での言葉」はどうしても「言葉の意味」を伝えようとして、そして受け取る方も「意味」を受け取ろうと思ってしまい「硬い」感触に

「身体の響きの声」は「感覚・感情」が伝わる「柔らかい」感触に


更に言い換えるなら「口での言葉」は「左脳でのコミュニケーション」、「身体の響きの声」は「右脳でのコミュニケーション」と分かれるように思います

f:id:tanzawamc:20170622174545p:plain
そしてそれらは聞いている方が「身体に響いた声は心地良く」と同時に、前回も触れましたが言葉を発している方も「身体に響いた声では嘘が言えない」からだと思います(今通ってるボイトレ  Breavo-para主宰 楠瀬誠志郎先生の言葉🎶)

 

つまり「身体に響いた心地良い声」は身体が緩んでいて、「その人の言葉が身体と繋がっいる」

だからこそ、その言葉が相手に届き「響き合う🎶」

(高等テクニックで響いた声で嘘を言う人もいますが、何か違和感を感じる事があるのではと)


また、よくあるボイトレだと「口角を拡げて上げて 発声しましょう!」と言う物がありますが、私が思うに口角を拡げたり上げたりする意識は口元の緊張を促してしまう為に反対に自分らしさから少し遠ざかってしまう様に感じます

聞いている方も相手の喋り方に違和感覚えますよね

更に「美しい声で話しましょう!」も同様ですね。気取ったよそ行きの声で居る時はやはり本当の自分ではないですよね


それよりも、身体を緩ませる事での「身体に響いた心地良い声」は、その人本来のまま!

何しろ身体が緩んでるからこそ、自分も相手も心地良い!

 

なのでこの頃「声」を通して思うのは

「いかに相手に言葉を届けるか!」と考えるより、「本当の自分の声が、相手に届く」

「伝える」より「「伝わる」

そしてまさしく

「Doing」ではなく「Being!」

「やり方 」より「 在り方」

 

そのためには「口の言葉」ではなくて「身体に響いた心地良い声」で居る事が「自分らしく居る事」なのだなと

 

更にそれは非言語コミュニケーションに繋がって行くのだな〜と感じています

この頃よく「波動」と言われるけど、まさしくそれは「身体の響き」の事だよね

 

さあ〜て、身体緩めて〜『身体に響いた心地良い声』を精進しようっと!

皆さん、今日も『心地良い声』で過ごしましょう🎶

 

前回の記事も合わせて御覧頂くとうれしいです

tanzawamc.hatenablog.com

 

声からのアプローチ 〜 独り言も「心地良い声🎶」で!

あなたの大切な『想い』を代弁します!司会屋 丹澤寛です

今、楠瀬誠志郎さん主宰のボイトレ『Breavo-para』に通っていて、この一年ちょっとで自分の声自体もだいぶ変わってきたと思ってます

そしてそれに伴い意識・感覚も、進化・深化してきたので今日はそれを書きますね!


『Breavo-para』の提唱しているのは「身体に響かせる本当の自分の声」そのためには身体を緩ませて〜緩ませて〜緩ませる〜

なので、レッスンでは「えっ、こんなに長く丁寧にストレッチするの!」と身体を徹底的に緩めます


レッスン詳細はここでは書きませんが、体験会に参加しただけでも声の違いを自覚できます

更に本格レッスン始めると半年後には完全に違ってきますね🎶


そして「身体に響かせる本当の自分の声」に気付くと、それ伴い意識・感覚の変化も現れてきました!

身体に響かせる声で居ると気持ち良くなるのと「気も整う」と感じる様に!

更に「気が整う」と思考も何かピュアにクリアーになる感じがしています


そして「気取ったカッコつけた声」ではなく「身体に響いた本当の自分の声」だと

変にポジティブ、ポジティブな感覚ではなく、静かに落ち着いた感覚になります


楠瀬先生は「身体に響いた本当の自分の自分の声なら、嘘は言えないよ!」と言われています

そう言えば、愚痴々言ってる時って決して『心地良い声』ではなく、気が付けば身体を固めていますよね

『心地良い声』で居るとまさしくネガティブな事や人の悪口など言えなくなると言うか、言おうと思わなくなりますね


見渡すと居酒屋で会社や上司の批判をして居る時は、決して『心地良い声』ではないですよね

なので反対に居酒屋で悪口大会が始まったら、自分の声に気付いて自ら『心地良い声』変えてみるのも良いかもしれませんね


そしてこの頃私は日常その時その時の「感情の声の音色」を気にする様にしています。「今どんな声なのだろう?」と

「今何を考えているか?」ではなく「今どんな声だろう!」と

考え過ぎやネガティブなループに陥っている時は、やっぱり『心地良い声』ありませんよね


また「今どんな声だろう?」と感じる事は「感情を客観視する」事にも繋がりますよね

少しマインドフルネスにも通じるようなと思ったり、「歩く瞑想」や「食べる瞑想」の様に名付けるなら『声を観る瞑想』かなと〜


考え事をしている時、独り言を言っている時、瞑想している時、内観内省している時

「今どんな声だろう?」と感じて、「身体に響かせる心地良い声」でそれらを行うと良いでしょうね

そしていつも「身体に響いた心地良い声で居よう」と心掛けてみる🎶

f:id:tanzawamc:20170615104544p:plain

 世の中には「思考を手放す方法」とか、「○○瞑想法」とか、スピリチュアルな物を含めて沢山の意識系のメソッドありますよね

気分がすぐれない時には顔も同様の表情をして居るから、反対に笑顔を作ると気分も上がる!とかね

それらの中でも〜私には「身体からのアプローチ」それも『声からのアプローチ』が合ってる様に感じています

「あっ、ちょっと考えすぎのネガティブなループに陥っている!」

「そう言えば今『心地良い声』ではないな〜やっぱり身体固まってる!」

「ちょっと身体を緩めて〜『心地良い声』で居よう!!」

とね

 

皆さんにも心地良い声で居る事』の声からのアプローチ!』お勧めですよ🎶

自分も時々しかできていないので、自戒を込めて書きました(^^;

 

皆さん、今日も身体を緩ませて〜『心地良い声』過ごしましょう!!

(美しい声でもなく、身体に響かせる本当の自分の声でね)

 

 ボイストレーニング『Breavo-para』はこちら🎶

www.breavo-para.com

司会屋 丹澤 寛

 

動画 司会屋 丹澤寛『結婚式・披露宴について🎶』

 

あなたの大切な『想い』を代弁します! 司会屋 丹澤寛です

 『結婚式・披露宴について🎶』を音声動画作成しました

お二人の大切な『想い』を形にするお手伝いを差し上げます!

どうぞよろしくお願い申し上げます!!

f:id:tanzawamc:20170607092933p:plain


司会屋 丹澤寛 動画170528

 

撮影・編集:児玉真澄(ますみん)さん

 

司会屋 丹澤寛

展覧会!ご来場者は「何を観に」来ているのでしょうか?

ふと思い立って足を運んだり、人から紹介された展覧会

ご来場者は何を観ているのでしょうか?

f:id:tanzawamc:20170526133136j:plain

「このアーティストの色使いが好きなの!」「このアーティストの醸し出す雰囲気が好きなの!」

そして

「そう言えば私、赤の色使いが上手い画家が好きなの!」

「この大自然の雄大さがやっぱり好きだな〜」

と、ご来場者は絵や写真を観て、自分の嗜好をを再確認しているかもしれませんね


また絵や写真の中にはその前に立つと、ふと足を止める作品があります

f:id:tanzawamc:20170526133153j:plain

「あっ、この作品なんとなく好きなの!うまく説明できないけど。。。。。」

と思ったり

「そう言えば!!あの時。。。。」と目では作品を観ているのに、色々な感情や、感覚や、想いや、気付きが、自分自身の中でオーバラップしたりする時がありますよね

その時人は絵や写真を通してその先に、「自分自身」を観ているのではないでしょうか!!


絵や写真を観に展覧会に行く事とは、「自分自身を観に行く行為」「自分自身を再確認しに行く事」

人は無意識に今まで目にした物や体験が浮かんでくる瞬間があり、それはふと展覧会にに足を運んだ時に多く感じらます

 


その様な時に、作品の背景にある「アーティストの想い」や「アーティストの佇まい」が添えらると、更に「共感」と言う琴線に触れやすくなると感じています


例えそれが、作家の人生や体験した事と、絵や写真を観ている人の人生や体験が全く違っても、人は自分のフィルターを通して物事を見聞きするために、無意識に自分自身に置き換えた気付きがある

自分と違う所(例:絵の才能)と、自分と同じ物(例:こだわり)を両方揃えて受け止める事を人はしている


それだからこそ、アーティストはご自分の作品を「ご自分の声」で語る事が、来場者にとっても意義ある事だと感じます

それは決してTV等のお涙頂戴の苦労話的な話ではなく、また学術的な話でなく

朴訥に話すその「間」にそしてだたそこに居る「佇まい」に、観る人の心に触れる物があるのではないかと

f:id:tanzawamc:20170526133032j:plain

 ご来場者が絵や写真を観る時「自分自身の内面」を観ているのではないか!

アーティストが創作で「ご自身の内面」と対話している様に。。。。

 

あなたの大切な「想い」を お伝えする お手伝い!

司会屋 丹澤寛