司会屋 丹澤 寛 ブログ!

『あなたの大切な「想い」を代弁します!』 司会屋 丹澤 寛です

音楽fes でのMCのお仕事について🎶

あなたの大切な『想い』を代弁します!司会屋 丹澤寛です

先週末は「すみだ ストリート ジャズ フェスティバル」にてMCをさせて頂きました!

私の担当の会場ではラストに、あのアートブレーキ&ジャズメッセンジャーズに所属した事もあり、更にスイスのRadio Jazz Internationalで世界の20傑に選ばれ「JAZZ GOD FATHER」の称号をもらわれた「オマさん」こと「鈴木勲」さんと、あの伝説の「銀巴里セッション」に参加され、渡辺香津美さんの師匠である日本のジャズギターの巨匠「中牟礼貞則」さんのデュオを私のMCでご紹介させて頂きました

こんな大御所のステージでMCを担当でき身に余る光栄でした

さて、今回はその音楽fesでのMCのお仕事について書きたいと思います

f:id:tanzawamc:20170823094952j:plain

お客様が心地良く鑑賞いただく『声』でのお手伝い

音楽fesでのMCの大前提は「お客様が心地良く鑑賞いただく『声』でのお手伝い」ですね

演奏スタートや演奏終了のアナウンスはもちろんの事

fesでは事前リハの時間がないので、前のバンドからの転換・サウンドチェックをお客様の前で行う事になりますので

その時にも影アナとしてfes全体のご紹介や、次のバンドのご紹介等をさりげなく行います

「間」にそっと言葉を差し込む様にして「場」を徐々に徐々に〜整えて行きます

そしてバンドご紹介の時は主役は出演バンドなので、MCは目立たずスムーズな進行を心掛けます

また数日前よりバンドやfesの情報をHPやYoutubeにて念入りに調べておく事も大切ですね

何か不足の事態で「間」が空いた時などのネタは多く持っていた方が安心ですよね

で、このバンドご紹介等のアナウンス以上に重要な仕事があります

f:id:tanzawamc:20170823094922j:plain

バンドご紹介等のアナウンス以上に重要なMCの仕事とは!

バンドの演奏がスタートすると私は直ぐに楽屋に足を運び、次のバンドにご挨拶と打ち合わせをさせて頂きます

初めてお目に掛かるバンド、馴染みのバンドそれぞれご挨拶に伺い、ステージでの転換準備からサウンドチェックの流れ、そしてMCからのバンドのご紹介内容を打ち合わせさせて頂きます


舞台監督やそのスタッフがそれらをやって頂ける事もありますが、往々にしてバックヤードのスタッフが不足しがちですので、MCがそれらも行います

やはり何よりどのお仕事も自分で足を運び、人と人の関係性を築いておくのが一番大切ですよね


そして舞台監督、PA、ステージスタッフとのアイコンタクトも初めのバンドより二つ目 三つ目のバンドと洗練して行って、最後の大御所登場の時はステージに関わるスタッフ全員が阿吽の呼吸でステージを廻す様になって行きます

実はこの瞬間がMCとしてもステージ担当として最高の瞬間ですね

何よりお客様が心地良く鑑賞でき、バンドマンも心地良く演奏でき、スムーズな舞台の「場」を整えて提供できた時が、MCとしても一番の歓びですね

先日の「すみジャズ」でも超満員でお客様総入れ替え制に急遽移行した時も、スタッフ皆んなの呼吸が一致し各自が有機的に動き、それにMCとしてもお客様にアナウンス差し上げとてもスムーズに進行できましたね〜

その一体感がfesでの仕事をやり遂げた満足感であり、その打ち上げのお酒が何より美味しいのです!


今回は音楽fesでのMCについて書かせて頂きました

これからももっともっと洗練させて私もfesをもっともっと楽しもうと思ってま〜す🎶

司会屋 丹澤 寛

PS
音楽fes、各種イベントのMC承ります🎶
「お問合せ」フォームから、または tanzawa.mc@gmail.com までご連絡頂ければありがたいです!

響きの声 🎶

あなたの大切な『想い』を代弁します!司会屋 丹澤寛です

皆さんが『響きの声🎶』としてイメージしやすいのは、カラオケのエコーだと思います

適度なエコーでの歌は聴きやすく、そして歌っている自分も歌いやすいですよね!

反対に全くエコーがないと聞きにくく、歌ってる自分も歌いづらくそして盛り上がりませんよね。。。。

またここ最近JRの駅のホームのアナウンスも、適度にエコーがきく様になりましたよね

以前はエコーなしで何か硬く耳障りに聞こえました。何か注意されている様な。。。。

ですが、最近は注意を優しく促されている感覚ですよね


この様に『響き』のない言葉は固く聞いている方がブロックし、適度な『響き』は柔らかく身体にすーっと入ってくる感覚だと思います


実は人は昔からこの『響きの声』を意識していました


その代表はイエス・キリスト

説法する時に大きな岩壁に響かせる様に行なったり、洞窟で行なったりしたと言われているそうです!!

話す内容が素晴らしいのは当然ですが、『響き』の効果も考慮していたのですよね


そして教会も『声を響かせる』造りをしていますよね

天井が高く、声が反響する

教会で賛美歌を聴きながら目を閉じると、なんとも気持ち良いものですよね

私は昨年スペイン巡礼(Camino de Santeiago)で体験したのですが、大聖堂での賛美歌は目を閉じると身体が持っていかれそうになりました


日本でもお寺の本堂!

本堂で聞くお経、そしておりん・木魚の音は響きがあり気持ちが良いものです

他の場所で聞くお経と、お寺の本堂で聞くお経は、場の違いもありますが『響き』が確実に違いますよね。自然と背筋が伸びる様な〜

 

現代ではホールの造りは当然『響き』を考慮し、適度な『響き』がそのホールの良し悪しを決めますよね

クラシックの響き、JAZZやロックの響き、歌声の響き、そして演劇・歌舞伎の『声の響き』

f:id:tanzawamc:20170808213638j:plain

この様に人は昔から『響き』『響きの声』そしてその心地良さを感じていました

そして特に指導者や偉人はその『響き』『響きの声』の効果に気付き意識し考慮していたのです

 

そしてマイクなど無い時代は、『自分自身の声を響かせていた』と想像できますよね🎶

この観点からも『声の可能性』を感じます

 

皆さんも周りに『響き』『響きの声🎶』を探して見ると面白いですよ!

そして『響きの声』がある事を、身体で感じる事をお勧めします!


では皆さん、今日も身体を緩めて〜心地良く身体と繋がって『心地良〜い声』でお過ごし下さ〜い🎶

前回の記事も合わせてご覧頂くとうれしいです(^^

司会屋 丹澤 寛

 

PS

現在このブログにて『身体に響いた心地良〜く 繋がる声』をお伝えしていますが、ブログだけだと中々お伝えできなのと、ご要望も少しいただいているので、近々自分なりに編集したメソッドでの『心地良〜く繋がる 声の教室🎶』を始めるべく、只今準備しております🎶

詳しくはまた書きますが、ご興味がある方はご連絡頂ければありがたいです(^^

あなたの声の可能性🎶

 あなたの大切な『想い』を代弁します!司会屋 丹澤寛です

日々ストレッチや柔軟体操している方多いですよね!

健康に気をつけている方はとは日々、身体のケアされてますよね

女性の方は毎朝お肌の調子をチェックし、ケアする事は欠かせないですよね


では、日々声の調子をチェックしケアされてる方はどのくらいいらっしゃるでしょう?


実は声とは皆さんが生まれて「オギャー!」と声を発して以来、長〜い長〜い付き合いですよね!

なのに、声を商売にしている方以外では日々声の調子をチェックしケアされている方は少ないのではないでしょうか


生まれて「オギャー!」と書きましたが、赤ちゃんは身体はあんなに小さいのに大きな声で泣きますよね

小さな子も欲しい物を買ってもらえない時に泣いている声って、身体は小さいのにほんと大きな声ですよね!

「やだ!やだ!!あれ買ってーーーー!!!」って


本来人間はあのくらい大きな声を出せるのに、成長するにつれて大きな声が出せなくなっていきます

それは大きな声を出してはいけないと教えられたからなのか

はたまた自分の本心を表に出してはいけない!との思いから自分本来の声を出す事を忘れてしまっているのか。。。。


本来『身体に響かせた声』が人間本来の声なのに、大人になるに連れて口や喉だけで話す様になったしまっている。。。。

身体が固まり『身体に響いた声』が出せなくなっている。。。。

自然界の動物で声が出せなく小声で鳴いている動物っていないですよね。何かしらの怪我とかしていない限りはね

そして『身体に響いた声』を出す条件の身体の柔軟性の側面から動物を見ると、身体が固い動物っていないですよね。身体が固まっていてストレッチしている動物って見た事あります?(^^;


ここまでの話の中で皆さんは『身体に響いた声』のことなんか意識した事なかったけど、今からできる様になるの?もう遅くない??とお思いの方も多いと思います

 

しかし!大丈夫です!!

『身体に響かせた声』は人間の骨格からして人間本来の声なので、誰でもどなたでも気が付いて意識すればできる様になります!

 

だって、みんな赤ちゃんの時は大きな声で泣いていましたよね!

今まで人間本来の身体の使い方やその意識を、ただ単にしていなかっただけなのです!!

自分の身体に意識を向けて、ゆっくりと緩めていけばね

 

なのでそれに気が付いて意識すれば、気が付かなかった分だけその人には可能性・ポテンシャルが残っている!と言う事

今まで何も意識していなかったらこそ、その分大いに可能性・ポテンシャルがってますよね!

柔軟体操やストレッチを知らなかった人が、日々取り組んだら身体変わりますよね

 

私自身も司会をしていて声を少しは気に掛けていましたが、響きのボイトレに正式に通ってこの1年ちょっとで、日々・週単位・月単位で気付きと共に少しづつですが声が変わってきている実感があります

進化と言うより自分の意識が、段々と深くなっている深化の感覚ですね🎶

また、ボイトレに10年通っている響きの先輩も「声の可能性は果てしない!」と言っています

 

是非皆さん!声の為に身体の柔軟性を高める事を今日からでもスタートしましょう!

何より『身体に響いた声』は自分自身と繋がって、自分自身が『心地良い』ですよ(^^

f:id:tanzawamc:20170802222940j:plain

では皆さん、今日も身体を緩めて〜心地良く身体と繋がって『心地良〜い声』でお過ごし下さ〜い🎶

前回の記事も合わせてご覧頂くとうれしいです(^^

司会屋 丹澤 寛

 

PS

現在このブログにて「身体に響いた心地良〜く 繋がる声」をお伝えしていますが、ブログだけだと中々お伝えできなのと、ご要望も少しいただいているので、近々自分なりのメソッドでの『心地良〜く繋がる 声の教室🎶』的な物を始めたいな〜と思い、只今少しづつ準備しております🎶

詳しくはまた書きますが、ご興味がある方はご連絡頂ければありがたいです(^^

『鼻歌』歌ってますか? 声は心のバロメーター🎶

あなたの大切な『想い』を代弁します!司会屋 丹澤寛です

皆さ〜ん!日頃『鼻歌』歌ってますか?

前回『声は心のバロメーター』として『声を観察する』『声を観る瞑想』の事を書きましたが、今回はもう少し簡単に『声は心のバロメーター』として『鼻歌』の事を書きますね!


つい『鼻歌』を口ずさんでいる時って気分が良い時ですよね

周りに『鼻歌』を歌っている人が居ると、その人につい聞いてしまいますよね!「何か良い事あったの?」って

そう!『鼻歌も心のバロメーター』であり、そうやって『声を観察してみいる』のも良いと思います!

f:id:tanzawamc:20170630095439j:plain

思考に陥ってあれやこれや考え過ぎている時は、『鼻歌』も出てこないですよね。その時は『鼻歌』を歌っている時と真逆な感情で、身体を固めています

つまり『声』と『身体』はリンクしていて、そして『身体』と『思考・感情』はリンクしています


なので「思考に陥って考え過ぎている」事に気が付いたら → 身体を緩めて〜緩めて〜緩めてみる! → そして『鼻歌』を歌ってみる🎶 

もしうまく歌えなかったり、ちょっと変だな〜と思ったらまた身体を緩めてみる!

これだけで、気分がスッキリすると思います!


そして、ネガティブな感情は自分自身が作り出している事が多いですよね

そして一旦ネガティブな感情になると、更にネガティブな感情が沸き起こってどんどんそれらに蝕まれていく。。。。。


その様な自分の感情に気付くのに『鼻歌』を活用してみるのも良いと思います!

何しろ簡単なのでの「あれっ、今鼻歌歌える?」と自分の感情や身体を観てみてください🎶

仕事中は中々『鼻歌』は歌えませんが、気分が乗ってて仕事をしている時は何か口ずさんで時が多いですよね(^^

そして家で料理や掃除をしている時も『鼻歌』は付き物ですよね

もし『鼻歌』も歌わずに料理や掃除をしていたら!あれれっ。。。。

 

思考や感情に埋没して振り回されるのではく、思考や感情を客観的に観るためにも『鼻歌』活用できますよね🎶


そして『鼻歌』を歌っている時に鼻を押さえると振動していますよね。つまり『鼻歌』は『響き』!

『身体に響かせる声』の詳細についてはまた別途書きますが、やはり『響き』は『身体』に気持ち良いですね!


『声』と『身体』と『思考・感情』は繋がっている!

『声を観る』事で色々可能性が拡がっていく!

『心地良〜く繋がる声』

その様なブログを今後もお届けしますね🎶


皆さん、今日も身体を緩めて〜心地良く身体と繋がって『心地良い声』でお過ごし下さ〜い🎶

前回の記事も合わせてご覧頂くとうれしいです(^^

司会屋 丹澤 寛

 

声を観察する『声を観る瞑想』のすすめ🎶

あなたの大切な『想い』を代弁します!司会屋 丹澤寛です

前回は「今の自分の声は『固い声なのか?』それとも『柔らかい声なのか?』 声は心のバロメーター」と書きましたが、今回は日常的にその『声を観察する』事を詳しく描こうと思います!

そして今注目を集めているマインドフルネスにて「歩く瞑想」や「食べる瞑想」がありますが、この『声を観察する』事を『声を観る瞑想』と名付けてみました!!


前にも書きましたが、まずは自分の『声を観察してみいる』

音色や響きはどう? 自分に取って心地良い or 少し苦しい? 

そして更に、もっと感覚を拾っていく!

自分の声は 固い or 柔らかい?、重い or 軽い?、湿ってる or 乾いている?、色を感じてみると何色? 

等々を客観的に観てみる


次に、身体を観察しながら身体全体を柔らかく〜緩めて〜緩めて〜緩ませていきます

首、肩、口、舌、あご、頭、胸、身体の外側、そして内臓や脳みそと言った身体の内側も緩めていきます

緩めてそして身体の各カ所をセンサーを拡げる様に開いていきます


そうやって身体を観察しながら全身を緩めて開いていくと『気が整う』感覚が段々とおとづれると思います

声も音ならば「音連れる」ですね!

( 余談になりますが、神社での「神様のおとづれ」も鈴がなる事での「音連れ」が語源だと聞いた事があります )


すると思考もいつしかピュアにクリアーになります 。「いつしか」がポイントですね!

つい先ほどまで何か深刻になり、思考のサイクルに陥っていたのを鳥の目で自分をみた様に客観的になると思います


『声を観る瞑想』はその『声を観察する』→『身体を観察して緩めるて開く』→『段々と気が整う』→『いつしか思考がピュアにクリアーになっている』→更にまた『声を観察する』。。。。のサイクルを廻すのです

f:id:tanzawamc:20170714090124p:plain

更に、声を観察しながら身体も観察していると身体は平面ではなくて、厚み奥行きがあり立体だと思い出されてきます。普段意識していない背後の感覚も出てくるようになる

それと同時に身体の内部の拡がりも感じてきます。よく「身体は宇宙だ!」と言われますが、こう言う感覚なのかな〜と


そして何しろ何しろこの『声を観る瞑想』は、ふとして時に気軽にできます🎶

わざわざ時間を取って座って目を閉じなくても、歩きながらでも、家事をしながらでも、鼻歌風にも

少し声を出した方がやり易いので、街を歩いている時に廻りに人がいなくなったら「あーーー」と少し声を出しながら

慣れてきたら声は出さずにでも、自分の声が身体のどこに響いているかな〜と感じながらね

顔の表情は鏡を見ないとチェックできませんが、声はいつでもチェックできますからね


声を観る事で、身体・気が整う!『声を観る瞑想』お勧めですよ🎶

皆さん、今日も『心地良い声』でお過ごし下さ〜い🎶

前回の記事も合わせてご覧頂くとうれしいです(^^

司会屋 丹澤 寛

身体に響いた声 = 解放の心地良さ🎶

あなたの大切な『想い』を代弁します!司会屋 丹澤寛です

楠瀬誠志郎先生 主宰のボイトレ『Breavo-para』に通っていて事をお伝えしていますが、その『身体に響いた声』はとても心地良いのです🎶


何しろこの『身体に響いた声』を出すには身体を緩めて〜緩めて〜緩ませる!

それと同時に「胸の口」と言う言い方をするのだけど「胸を開く・拡げる」更に「喉も開く・拡げる」

そして私の感覚だと「顔も頭も開き」「背中も開き」「全身と全身のあらゆる各ヶ所を開く」感覚!

言い換えると身体のあらゆるセンサーを拡げた様な感覚かな〜

そうする事で〜益々身体に響いた声になる!


そして、そこでの感覚はまさに『身体に響いた声🎶』=『解放・開放感!!!!』

だから何より何より〜ホント心地良いのです(^^

f:id:tanzawamc:20170707153103j:plain

特に現代は閉塞感が強いですよね。会社組織ではコンプライアンスや ISOでのドキュメント。社会全体でも締め付けが強まっていて、閉塞感は増すばかり。それに加えて、昔はあっただろう解放・発散する場がなくなり、一人一人を取っても個を出さずに過ごせざるを得ない。。。。


そんなそんな時代だからこそ身体を緩めることでの『身体に響いた声』はお勧め🎶

そしてこの開いた感覚でのコミュニケーションが、大切ですよね


また「声を出す」事は内面に何か抱えていた事を吐露する、吐き出す事に通じますよね

むやみに吐き出すのは自分にも周りにもよくないですが、吐き出す事によって区切りが付き次に進める事もあります

その時に普通に固い声で出すのも良いのですが、全身を緩めてからの「身体に響いた声」で吐き出すと、その声に出そうとしていた物が少し変容して吐き出しやすくなると感じます

身体の硬さが柔らかくなるに連れて、ネガティブな固い物が少しづつ柔らかい物に変わる〜


身体が固まると声が出ない事のわかり易い例は、とっさに身に危険が襲ってきた時に声が出ない時の状況ですね

そこまでいかなくても、プレッシャーや緊張状態だとやはり声は出しづらいですよね


そう考えると「声を出す」事は、人間にとって大事であり、心のバロメーターでもあります

今の自分の声は「固い声なのか?」それとも「柔らかい声なのか?」

今これをお読みになって「声が固いな、、、」と思った方!身体を緩めて〜緩めて〜『身体に響いた声』で話してみましょう!それは『心・身体の解放』に繋がり、何しろ『心地良く』なりますから!

f:id:tanzawamc:20170707153203j:plain

さあ〜て、私も身体を緩めて〜『身体に響いた心地良い声』を精進しようっと!

皆さん、今日も『心地良い声』でお過ごし下さ〜い🎶

前回の記事も合わせてご覧頂くとうれしいです(^^

司会屋 丹澤 寛

 

 

 

心地良い『響きの声』のコミュニケーション🎶

前回「相手に伝わるのは『言葉の意味』より『響き🎶』」と題して書きましたが、今回は『声』でのコミュニケーションの私のちょっとして体験を書きたいと思います


先日、スーツを買いに行った時の話です

ショップの店員さんの対応があまり芳しくなく、何かだらだらしているというかお客である私の方を見ないでの対応で、私の購買意欲が削がれる接客でした

なのでその日は何も買わずに帰ろうか〜と思ってました


しかし、ちょっと思い直して自分だけでも『身体に響いた心地良い声で居てみよう!』と思ったのです。店員さんはだらだらしていますが私だけでも『心地良い声』で対応して見ました。「まぁ〜途中で本当に嫌になったら切り上げて帰れば良いし」と思ってですね


私自身の身体を緩ませて〜緩ませて、そして「気」を整えてスーッと立って〜〜次の様な言葉も気取るわけではなくて「身体に響かせた心地良い声」で対応しました🎶

「他のジャケットを見て良いですか?」「この色良いですね〜」

「パンツの裾上げ寸法はこれでOKなのでよろしくお願いします!」

裾上げの直しに数日かかる事を聞かれても「はい、大丈夫です!お願いします!」と


すると最後の会計の時ですね、あのだらだらしている様に見えた店員さんが姿勢もスーッと伸び、明るい柔らかい優しい声で「ありがとうございました」と対応してくれたのです!

私は「えっ、この店員さんこんな声で話せるんだ!」と思うくらいその店員さんもどこか『身体に響いた声』を出してました。少しびっくりしましたが、まるで自分自身の声が伝染した様にですね🎶

そしてその対応なら「また来たいな〜」と思い、最後はとてもとても気持ち良くお店を後にしました!!


よく「他人を変えようとしても変えられない!」と言われますが、自分自身がどうあるかの波動がまさしく伝わるのだな〜と感じた体験でした

やはり「Doing」より「Being」なのですね


そしてそして『身体に響いた心地良い声』で居ると、相手がどうのこうのより何より『自分自身が気持ち良く』居られますよね〜それが一番ですね!(自戒も込めて(^^;)

この頃自分自身の『声を観察』していると、自分の感情とか色々気付きがあって面白いです


さあ〜て、身体緩めて〜『身体に響いた心地良い声』を精進しようっと!

皆さん、今日も『心地良い声』でお過ごし下さ〜い🎶

前回の記事も合わせてご覧頂くとうれしいです(^^

tanzawamc.hatenablog.com