司会屋 丹澤 寛 ブログ!

『あなたの大切な「想い」を代弁します!』 司会屋 丹澤 寛です

相手に伝わるのは『言葉の意味』より『響き🎶』

前回は「声からのアプローチ〜独り言も『心地良い声』で🎶」と題して「自分の声を観察してみよう!」との内容を書きましたが、今回は「相手に何が伝わるか?」を書きたいと思います

 

セミナーや講演会に出席して「これが大事です!覚えて下さい!!」って言われても、聞いてる方は「大事なのはわかるけど・・・」と思い、それより「押し売り感」の「圧」を感じてしまう事ってありますよね

 

その反対に「言葉の意味」より先に「心地良い声の響き」を感じて、言葉が身体にスーッと入ってくる。言葉の意味を思考で理解するより、身体が受け付けてその感情や雰囲気に「なんとなく伝えたい事わかる!」の感覚を覚える事もありますよね


これら二つを「口での言葉」と「身体の響きの言葉」と分けて見て観る事とします

 

「口での言葉」はどうしても「言葉の意味」を伝えようとして、そして受け取る方も「意味」を受け取ろうと思ってしまい「硬い」感触に

「身体の響きの声」は「感覚・感情」が伝わる「柔らかい」感触に


更に言い換えるなら「口での言葉」は「左脳でのコミュニケーション」、「身体の響きの声」は「右脳でのコミュニケーション」と分かれるように思います

f:id:tanzawamc:20170622174545p:plain
そしてそれらは聞いている方が「身体に響いた声は心地良く」と同時に、前回も触れましたが言葉を発している方も「身体に響いた声では嘘が言えない」からだと思います(今通ってるボイトレ  Breavo-para主宰 楠瀬誠志郎先生の言葉🎶)

 

つまり「身体に響いた心地良い声」は身体が緩んでいて、「その人の言葉が身体と繋がっいる」

だからこそ、その言葉が相手に届き「響き合う🎶」

(高等テクニックで響いた声で嘘を言う人もいますが、何か違和感を感じる事があるのではと)


また、よくあるボイトレだと「口角を拡げて上げて 発声しましょう!」と言う物がありますが、私が思うに口角を拡げたり上げたりする意識は口元の緊張を促してしまう為に反対に自分らしさから少し遠ざかってしまう様に感じます

聞いている方も相手の喋り方に違和感覚えますよね

更に「美しい声で話しましょう!」も同様ですね。気取ったよそ行きの声で居る時はやはり本当の自分ではないですよね


それよりも、身体を緩ませる事での「身体に響いた心地良い声」は、その人本来のまま!

何しろ身体が緩んでるからこそ、自分も相手も心地良い!

 

なのでこの頃「声」を通して思うのは

「いかに相手に言葉を届けるか!」と考えるより、「本当の自分の声が、相手に届く」

「伝える」より「「伝わる」

そしてまさしく

「Doing」ではなく「Being!」

「やり方 」より「 在り方」

 

そのためには「口の言葉」ではなくて「身体に響いた心地良い声」で居る事が「自分らしく居る事」なのだなと

 

更にそれは非言語コミュニケーションに繋がって行くのだな〜と感じています

この頃よく「波動」と言われるけど、まさしくそれは「身体の響き」の事だよね

 

さあ〜て、身体緩めて〜『身体に響いた心地良い声』を精進しようっと!

皆さん、今日も『心地良い声』で過ごしましょう🎶

 

前回の記事も合わせて御覧頂くとうれしいです

tanzawamc.hatenablog.com

 

声からのアプローチ 〜 独り言も「心地良い声🎶」で!

あなたの大切な『想い』を代弁します!司会屋 丹澤寛です

今、楠瀬誠志郎さん主宰のボイトレ『Breavo-para』に通っていて、この一年ちょっとで自分の声自体もだいぶ変わってきたと思ってます

そしてそれに伴い意識・感覚も、進化・深化してきたので今日はそれを書きますね!


『Breavo-para』の提唱しているのは「身体に響かせる本当の自分の声」そのためには身体を緩ませて〜緩ませて〜緩ませる〜

なので、レッスンでは「えっ、こんなに長く丁寧にストレッチするの!」と身体を徹底的に緩めます


レッスン詳細はここでは書きませんが、体験会に参加しただけでも声の違いを自覚できます

更に本格レッスン始めると半年後には完全に違ってきますね🎶


そして「身体に響かせる本当の自分の声」に気付くと、それ伴い意識・感覚の変化も現れてきました!

身体に響かせる声で居ると気持ち良くなるのと「気も整う」と感じる様に!

更に「気が整う」と思考も何かピュアにクリアーになる感じがしています


そして「気取ったカッコつけた声」ではなく「身体に響いた本当の自分の声」だと

変にポジティブ、ポジティブな感覚ではなく、静かに落ち着いた感覚になります


楠瀬先生は「身体に響いた本当の自分の自分の声なら、嘘は言えないよ!」と言われています

そう言えば、愚痴々言ってる時って決して『心地良い声』ではなく、気が付けば身体を固めていますよね

『心地良い声』で居るとまさしくネガティブな事や人の悪口など言えなくなると言うか、言おうと思わなくなりますね


見渡すと居酒屋で会社や上司の批判をして居る時は、決して『心地良い声』ではないですよね

なので反対に居酒屋で悪口大会が始まったら、自分の声に気付いて自ら『心地良い声』変えてみるのも良いかもしれませんね


そしてこの頃私は日常その時その時の「感情の声の音色」を気にする様にしています。「今どんな声なのだろう?」と

「今何を考えているか?」ではなく「今どんな声だろう!」と

考え過ぎやネガティブなループに陥っている時は、やっぱり『心地良い声』ありませんよね


また「今どんな声だろう?」と感じる事は「感情を客観視する」事にも繋がりますよね

少しマインドフルネスにも通じるようなと思ったり、「歩く瞑想」や「食べる瞑想」の様に名付けるなら『声を観る瞑想』かなと〜


考え事をしている時、独り言を言っている時、瞑想している時、内観内省している時

「今どんな声だろう?」と感じて、「身体に響かせる心地良い声」でそれらを行うと良いでしょうね

そしていつも「身体に響いた心地良い声で居よう」と心掛けてみる🎶

f:id:tanzawamc:20170615104544p:plain

 世の中には「思考を手放す方法」とか、「○○瞑想法」とか、スピリチュアルな物を含めて沢山の意識系のメソッドありますよね

気分がすぐれない時には顔も同様の表情をして居るから、反対に笑顔を作ると気分も上がる!とかね

それらの中でも〜私には「身体からのアプローチ」それも『声からのアプローチ』が合ってる様に感じています

「あっ、ちょっと考えすぎのネガティブなループに陥っている!」

「そう言えば今『心地良い声』ではないな〜やっぱり身体固まってる!」

「ちょっと身体を緩めて〜『心地良い声』で居よう!!」

とね

 

皆さんにも心地良い声で居る事』の声からのアプローチ!』お勧めですよ🎶

自分も時々しかできていないので、自戒を込めて書きました(^^;

 

皆さん、今日も身体を緩ませて〜『心地良い声』過ごしましょう!!

(美しい声でもなく、身体に響かせる本当の自分の声でね)

 

 ボイストレーニング『Breavo-para』はこちら🎶

www.breavo-para.com

司会屋 丹澤 寛

 

動画 司会屋 丹澤寛『結婚式・披露宴について🎶』

 

あなたの大切な『想い』を代弁します! 司会屋 丹澤寛です

 『結婚式・披露宴について🎶』を音声動画作成しました

お二人の大切な『想い』を形にするお手伝いを差し上げます!

どうぞよろしくお願い申し上げます!!

f:id:tanzawamc:20170607092933p:plain


司会屋 丹澤寛 動画170528

 

撮影・編集:児玉真澄(ますみん)さん

 

司会屋 丹澤寛

展覧会!ご来場者は「何を観に」来ているのでしょうか?

ふと思い立って足を運んだり、人から紹介された展覧会

ご来場者は何を観ているのでしょうか?

f:id:tanzawamc:20170526133136j:plain

「このアーティストの色使いが好きなの!」「このアーティストの醸し出す雰囲気が好きなの!」

そして

「そう言えば私、赤の色使いが上手い画家が好きなの!」

「この大自然の雄大さがやっぱり好きだな〜」

と、ご来場者は絵や写真を観て、自分の嗜好をを再確認しているかもしれませんね


また絵や写真の中にはその前に立つと、ふと足を止める作品があります

f:id:tanzawamc:20170526133153j:plain

「あっ、この作品なんとなく好きなの!うまく説明できないけど。。。。。」

と思ったり

「そう言えば!!あの時。。。。」と目では作品を観ているのに、色々な感情や、感覚や、想いや、気付きが、自分自身の中でオーバラップしたりする時がありますよね

その時人は絵や写真を通してその先に、「自分自身」を観ているのではないでしょうか!!


絵や写真を観に展覧会に行く事とは、「自分自身を観に行く行為」「自分自身を再確認しに行く事」

人は無意識に今まで目にした物や体験が浮かんでくる瞬間があり、それはふと展覧会にに足を運んだ時に多く感じらます

 


その様な時に、作品の背景にある「アーティストの想い」や「アーティストの佇まい」が添えらると、更に「共感」と言う琴線に触れやすくなると感じています


例えそれが、作家の人生や体験した事と、絵や写真を観ている人の人生や体験が全く違っても、人は自分のフィルターを通して物事を見聞きするために、無意識に自分自身に置き換えた気付きがある

自分と違う所(例:絵の才能)と、自分と同じ物(例:こだわり)を両方揃えて受け止める事を人はしている


それだからこそ、アーティストはご自分の作品を「ご自分の声」で語る事が、来場者にとっても意義ある事だと感じます

それは決してTV等のお涙頂戴の苦労話的な話ではなく、また学術的な話でなく

朴訥に話すその「間」にそしてだたそこに居る「佇まい」に、観る人の心に触れる物があるのではないかと

f:id:tanzawamc:20170526133032j:plain

 ご来場者が絵や写真を観る時「自分自身の内面」を観ているのではないか!

アーティストが創作で「ご自身の内面」と対話している様に。。。。

 

あなたの大切な「想い」を お伝えする お手伝い!

司会屋 丹澤寛

画家・写真家などのアーティストの「展覧会のナビゲーター」(司会・MC)!!

あなたの大切な「想い」を代弁します! 司会屋 丹澤寛です


画家や写真家などのアーティストの方は、口下手な方が多い様に感じてます

それはもちろん、その才能をアートに注がれているからですよね!


また、アーティストご自身で作品の説明をすると何だか「自慢」に聞こえてしまう恐れもあるので、少々遠慮がちに説明される方もいらっしゃいますよね

 

画家・写真家などのアーティストの展覧会に足を運ぶと、このような印象を受けます

f:id:tanzawamc:20170526133230j:plain

 そう言う展覧会こそ「司会」がお手伝い差し上げます!!


それぞれの作品にはアーティストの「想いやストーリー」があり、それらをそっとそっと代弁する〜お手伝い


また、アーティストの方が説明したい部分と、ご来場者が聞きたい所もギャップがあるかもしれません。その双方の視点にてナビゲートする


私が興味があるのは「アーティストが、なぜこの絵を描こうと・写真を撮ろうと思われたのか?」「なぜこの色を使われたのか?」

 

「それは前からある想いなのか?」「何を感じ、何を想い作品ができたのか?」

「その作品に何を観て、更にその先に何を観ているのか?」です

 

その絵を描かれた・その写真を撮られた「想いや導き」。。。。

f:id:tanzawamc:20170526133120j:plain

それらをお聞きすると絵や写真の観方が変わるのと同時に、絵や写真を観ていた時にふと自分に感じた意味が分かります

「あっ、だからか!この絵は何か懐かしさを感じルノだ!」と


目の前の作品は2次元だけど、アーティストの頭の中には元々は3次元の立体的な映像がありますよね

なので、アーティストの「想い」などを伝えることによって、来場者がアーティストの頭の中を共有できます

それも文章とかではなく、単なる絵の解説でもなく、アーティスト自らの声で語られて、そして例え言葉でうまく言われなくても、作家がその作品に対峙しているその「佇まい」こそが、来場者に何かが伝わる

アーティスト自らがそこに「在る」と言う波動が作品に深みを与える


更に、アーティストの方がのこれまで行きてこられた人生や体験を語っていただければ、作品が時間軸と言う4次元的な物に

例えば作品に影響している幼少期の体験を内省・内観的に語ることによって、アーティストが本来感じていた「その作品の想い」が来場者にも響きます

f:id:tanzawamc:20170526133243j:plain

今まで奥に隠れていた「アーティストの想い」がその絵・写真を通してそっと現れ、展覧会に足を運んで頂いた来場者の方とアーティストの距離が「共感」を持って近づく

私は「アーティストの展覧会のナビゲーター」としてその様なお手伝いをしております

 

あなたの大切な「想い」を代弁します!

司会屋 丹澤寛

結婚式・披露宴「コンセプト」が決まってなくても〜大丈夫 🎶

あなたの大切な「想い」を代弁します! 司会屋 丹澤寛です

 

結婚式・披露宴の打ち合わせの時に「どの様な結婚式・披露宴を挙げたいですか?」とお聞きすると

「う〜ん、普通で良いの。。。。」とお答えになる方もいらっしゃいます

「コンセプトとか無いのですが。。。。何かあった方が良いですか?」と


でも、大丈夫です!!

あなたが選んだそのウェディングドレス、式場、食事、音楽、ご列席の方々 等々

あなたが、お選びになったそれらには、あなたの「想いやこだわり」が沢山詰まっています!


例えば、ブーケと卓上のお花には関連性ありますよね

そしてブーケの形はウェディングドレスのフォルムと関連性があったり

淡いブルーのテーブルクロスの場合は、音楽もその淡いブルーの雰囲気だったり。。。。

f:id:tanzawamc:20170519120249j:plain


ねっ、あなたの世界が拡がってますよね!

 

「そう言えば小さい時からなぜか青いポイントが入った物が好きがだったの!」

「そうそう!小さい時に親戚のお姉ちゃんのウェディングドレスを今でもているの!」

「あの映画のあのシーンが、小さい時から好きだったの!」


少しづつあなたの「想いやこだわり」が思い出されてきましたね!


あなたご自身では気づかれてないかもしれませんが、あなたのお好きな色や形や雰囲気は、あなたご自身なのです

そのあなたご自身のためにあるのが、この良き日 結婚式・披露宴です

 

「『Something Blue』と言って何か青い物を身につけると『幸せになる』言われているの!だからテーブルクロスも淡いブルーなの!!
あっ!それならブーケにもほんの少し青いお花を入れようっと!!」

 f:id:tanzawamc:20170519120320j:plain

段々と〜あなたらしい結婚式・披露宴になってきましたね🎶

 

今回のコンセプトの一つは「Something Blue」ですね!

司会として打ち合わせをしながら〜その隠れている物を一緒に探す手伝いを差し上げます


お打合せの時はウェディングドレス等の細かいところまでお聞きします。そこにはあなたの世界が拡がっています

 

細部をよく見る事で全体が見えてきますし

また、全体を俯瞰してみると細部も見えてきますよね🎶

 

 

結婚式・披露宴とはあなたご自身を再発見する場かもしれませんね!

新たなる人生をお二人で歩むための!!

 

司会屋 丹澤寛

 

ゆっとり〜影アナ系 司会・MC🎶

あなたの大切な「想い」を代弁します! 司会屋 丹澤寛です

私が司会・MCにて心掛けている事をお話ししますね


主役はあなた!ゆったり〜影アナ系にて場を整えます 

結婚式・披露宴の主役は新郎新婦。音楽fesならミュージシャン。各種イベントは登壇者の方々!


なので、司会・MCの私はできるだけ目立たず、色を出さずにフラットでクリアーで居たいと思っています

例えるならBGMの様に、そして BGMが変わると場の雰囲気の変わる様に「声のトーンの変化」にて自然に場が転換できたらと🎶

f:id:tanzawamc:20170502180428j:plain


また、登壇される方が自然で居られる様に、壇上まで歩かれる歩調に合わせた間を調整して、ご紹介差し上げる事を心掛けています

アクティブな方のご登壇は勢いよくご紹介し!ご年配の方の登壇はゆったりとご紹介〜


できるだけ司会・MCの私自身が「場と一体化」できたらと思ています

司会・MCの究極は「司会・MCが消える」事かな〜と


そして例えアクシデントがあった場合でも、水の流れは止めずに、少しでも流れ続ける様に色々小ネタを仕込んでいたり

以前、結婚式・披露宴にて最初に流れるはずのウェディング・マーチが機械トラブルで音が中々出ない時がありました

その時の会場は東京のある名所がすぐ近くの立地。後ほどカーテンオープンにて、その東京名所がご列席の皆様にご覧頂ける段取り〜

なので司会として

『新郎新婦がこの会場を選ばれた理由は、皆様ご存知のあの東京名所がこの窓から眺められるからです

その名所、皆様お分かりになりますよね?

そしてその名所ですが、後ほどカーテンオープンした時にどちらの方向にてご覧頂けるでしょうか?

後ほどカーテンオープンされるので是非楽しみにしていてください!

その眺めも新郎新婦から皆様へのプレゼントでございます!!』

と場をお繋ぎできました


ゆったり〜影アナ的に「場」を整えること

列席者の方にお持ち帰り頂きたいのは「その場の雰囲気」ですからね

 

「私達の結婚式・披露宴は落ち着いた形にしたいの!」と言われる方も!ご連絡頂けましたら幸いです

どうぞ、よろしくお願い申し上げます

司会屋 丹澤 寛